イチョウ葉と糖尿病サプリメントについて!

イチョウ葉と糖尿病サプリメント

イチョウ葉から抽出したエキスをサプリメントとして使うことで、血糖値を上がりにくくして糖尿病対策にしている方がいます。中国が原産地であるイチョウは、日本にも古いから渡来しているおなじみの植物です。クルセチン、カテキン、ルチンなど色々な成分がイチョウ葉エキスには含まれており、健康にいい植物として知られています。血液の流れを良くするとして、イチョウ葉エキスはサプリメントによく用いられています。イチョウ葉エキスは、糖尿病だけでなく、ガン、脳卒中、動脈硬化の予防などにも使われています。イチョウ葉エキスによって血液の流れがよくなるのは、血管拡張効果がえるためです。イチョウ葉エキスに含まれる成分は、血栓予防や、血液を流れやすくする作用、血管壁の状態を改善する作用などがあるといいます。医薬品と異なり、食品として販売されているサプリメントの効果が実感できるようになるのは時間がかかりますし、直接、糖尿病の治療をする成分ではありません。糖尿病に対しては、イチョウ葉に含まれる成分が互いに助け合いながら効果を発揮しているため、サプリメントも使いやすいでしょう。イチョウ葉の血液をサラサラにする効果は、アスピリンのような抗凝固作用のある薬の効果を強くしすぎるなどの影響があります。イチョウ葉に含まれる成分を摂取することによって、インスリンの分泌にも影響があると考えられています。糖尿病の薬を飲んでいる時にサプリメントを飲んでもいいか迷ったら、薬局や病院に聞いてみてください。